海! 温泉! 自然! おしゃれに楽しく生きる!

ベッドルームを劇的リフォーム 壁紙を最大活用してリゾート風に / Resort style interior – Change the bedroom dramatically with wallpaper

2019/06/24
 
Translation
この記事を書いている人 - WRITER -
レネ
スイスから日本に移住して来ました。世界中を旅しましたが、一番住みたい街として福岡を選びました。海、自然、美しいもの、楽しい事が大好きで、愛車の上にテントを積んで、日本中を旅してみたいと思っています。
詳しいプロフィールはこちら

中古のマンションは、リフォーム済みと現状渡し、どちらが良いのでしょうか?

中古のマンションを購入する際に、壁紙を張替えたリフォーム済物件を、選んでいませんか?新築みたいでいいですよね。でも大抵は画一的な白い壁紙です。

部屋の雰囲気を壁紙で驚くほど変えて、自分らしい部屋にできるチャンスを逃してしまっています。中古物件は、現状渡しをお勧めします。

どんな壁紙を張っても、料金がそれほど変わるわけではありません。はがす手間と張る手間は同じですからね。

気分はまるでグランキャンピングです。マイナスイオンを感じられそうな壁紙です。バリ島のウォーターヒヤシンスを編み上げたベッドが、滝の岩とマッチしています。

周りの壁をグリーンにして、迷い込んだジャングルから滝を眺める、そんな感じにしてみました。照明は、木漏れ日をイメージしています。

実は、この照明は、Amazonで注文したのですが、運送中に金具のビスが外れて、クリスタルが欠けていました。交渉して値引きしてもらい、造花のツタをからませてリメイクしました。このベッドルームにピッタリな、オリジナリティーあふれる照明になりました。

これは、ゲストルームです。ヨーロッパからの来客もあるので、ベッドを常設しました。

壁の一面をバナナのリーフ柄にして、その周りを木の板で囲みました。大きな絵画のようです。寝具はバナナ色にして、バナナルームと呼んでいます。

ゲストルームの壁紙は、なかなか決められなくて困っていたのですが、福岡のデザインコンパスの高瀬さんのアイデアで実現しました。こんなに私たちの要望を理解してくれる人で、センスも抜群で、技術も確か、出会えて本当にラッキーでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
レネ
スイスから日本に移住して来ました。世界中を旅しましたが、一番住みたい街として福岡を選びました。海、自然、美しいもの、楽しい事が大好きで、愛車の上にテントを積んで、日本中を旅してみたいと思っています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スイス人 レネの日本暮らし renejapan.com , 2019 All Rights Reserved.