海! 温泉! 自然! おしゃれに楽しく生きる!

本当は教えたくない穴場!海外気分が味わえる長崎県西海市のビーチと車中泊場所 / Secret beach & Camping, free overnight in the car in Saikai City, Nagasaki – Enjoy an American beach holiday

 
Translation
この記事を書いている人 - WRITER -
レネ
スイスから日本に移住して来ました。世界中を旅しましたが、一番住みたい街として福岡を選びました。海、自然、美しいもの、楽しい事が大好きで、愛車の上にテントを積んで、日本中を旅してみたいと思っています。
詳しいプロフィールはこちら

旅行が趣味の人間にとっては、コロナと共存しなければならない最近の情勢は、楽しみの少ない苦難の時代だと感じていることでしょう。

感染リスクの少ない旅行を考えると、自家用車で移動し、アウトドアを楽しむのは、最適な選択の一つではないかと思います。

将来への不安もあるので、少ない費用で旅行したいと考えている人にもお勧めで、キャンプや車中泊をかんがえている人にピッタリの穴場を、今回はご紹介しましょう。

違った文化や雰囲気を感じられる海外旅行も大好きな私ですが、当分の間行けそうもありません。そんな時にも海外気分が少し楽しめる、なぜかフレンドリーなアメリカ人ファミリーでいっぱいの、秘密の場所をご紹介しましょう。

尻久砂里(しりくさり)海浜公園キャンプ場です。

〒857-2307 長崎県西海市大瀬戸町瀬戸福島郷

お尻が腐ってしまうまで見とれてしまう美しい砂浜ということで、こんな変な名前の海岸ですが、その名の通り、透き通ったエメラルドグリーンの海が美しい、まるでプライベートビーチのような小さな隠れ家的存在の海岸です。

この海浜公園にはキャンプ場が併設していて、駐車場は無料で開放されていますが、30~40台しか駐車できませんので、シーズン中の週末はすぐにいっぱいになってしまいます。テントを張るには事前予約が必要ですが、キャンプ場内の設備は、誰でも利用可能です。

この美しい海を知っている人には有名なビーチなのですが、なぜかビーチにいる人達の半数以上が、アメリカ人ファミリーです。佐世保から近いので、米軍関係者だと思うのですが、長崎のアメリカ人コミュニティーの間で広がっている人気のビーチなのかも知れません。小さな子供達の話す英語が、とても可愛らしくほほえましく感じました。

入り江になっているせいか、波は穏やかで、潮が引くとかなり遠浅になり、子供でも遠くまで足がついて水遊びができます。海水は素晴らしい透明度で、少し深い場所でも海底まできれいに見る事ができます。

キャンプ場には屋根付きの休憩所もあり、涼しい海風に吹かれながら、ここでお尻が腐るほど海を眺めるのも良いでしょう。

私は、ここで朝食を食べながら、続々とやって来るアメリカ人を眺めながら、久しぶりに見た白人の集団に懐かしさを感じて、少し郷愁に浸りました。

清潔な炊事場もあって何かと便利です。キャンプ場を利用する人以外も、芝生のサイト以外の施設は、自由に使わせてもらうことができます。

100円の温水コインシャワーがあって、キャンプ場に予約が入っている日は、管理人さんがやって来てシャワー室を開けてくれるので、海水客も使用できます。

トイレは24時間利用可能です。洗面台にはコンセントもありますので、ドライヤーやシェーバーも使えます。

上から見た海岸の様子です。道路ができる以前は、秘境だったというのがわかる気がします。

西海市の観光マップを見ながら、次回は川に行くのも面白いかと思いましたが、今回は橋で渡れる大島に行ってみることにしました。

大島大橋を渡った所は大島の手前にある寺島です。橋を渡った左下ある大島大橋公園から、大島大橋がきれいに見えます。

平成11年11月11日に開通した大島大橋は通行料が無料で、全長1095mの白く美しい橋です。車で通過する際も、とても気持ちの良かったです。

日本では、小さな島にもとても立派な美しい橋が架かっていて、いつも驚いてしまいます。

大島大橋公園のシンボルツリーと橋と青い空は、なかなかの絶景です。

公園内はとても手入れされていて、広い芝生と花がきれいでした。カフェだったらしき建物ですが閉まっていました。デッキテラスに上って、景色を楽しむ事ができます。

立派なトイレもあって、ここでも車中泊ができそうだと思って調べてみると、この公園は車中泊が禁止されているとの事です。

大島では百合ヶ岳公園からの展望や大釜海水浴場が有名なようです。大釜海水浴場に行ってみましたが、尻久砂里海水浴場が素晴らしすぎて、それほど良いビーチだとは思えませんでした。

せっかくなので、その更に先の崎戸島まで行ってみる事にしました。崎戸は周囲4キロの小さな島で、その最西端にある北緯33度線展望台を目指します。

この島は磯釣りのスポットとしても有名なようです。

最西端を目指して行くと突然立派なサンセットリゾートサキトというホテルが現れます。ここは日帰り温泉もあって、良さそうなホテルだと思いましたが、今現在は、コロナの影響で営業しているのかどうかはわかりません。

ホテルの裏から展望台への小道が続いています。

この展望台は北緯33度線上に位置していて、カサブランカやバグダッドと同じ緯度になるそうです。

記念写真を撮るインスタ映えしそうなスポットもあります。

360度の絶景が楽しめる展望台、日本三大夕日のスポットにもなっているそうなので、夕日を見に訪れても良いかも知れません。

この記事を書いている人 - WRITER -
レネ
スイスから日本に移住して来ました。世界中を旅しましたが、一番住みたい街として福岡を選びました。海、自然、美しいもの、楽しい事が大好きで、愛車の上にテントを積んで、日本中を旅してみたいと思っています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スイス人 レネの日本暮らし renejapan.com , 2020 All Rights Reserved.