海! 温泉! 自然! おしゃれに楽しく生きる!

コロナに負けず三密を避けて屋外で楽しもう!福岡県糸島市の穴場を教えます。グランキャンピング、車中泊場所、シークレットビーチから釣り場、サーフィンスポットまで  / Coronavirus pandemic survival plan! Enjoy the outdoors at the secret places in Itoshima City,Fukuoka – Grand camping, spend a night in the car, enjoy fishing and surfing, secret beach

 
Translation
この記事を書いている人 - WRITER -
レネ
スイスから日本に移住して来ました。世界中を旅しましたが、一番住みたい街として福岡を選びました。海、自然、美しいもの、楽しい事が大好きで、愛車の上にテントを積んで、日本中を旅してみたいと思っています。
詳しいプロフィールはこちら

コロナウイルスによる外出自粛で、ずっと投稿を控えていましたが、徐々に行動範囲を広げていけそうなので、こんな時代でも楽しめる場所をご紹介することにしました。

海辺に住んでいる私と違って、都会に住んでいる人には、自宅にいるのはもう耐えられないのではないでしょうか。

私は、緊急事態宣言が出される前から外出自粛をしていたので、2月頃からずっと、行動範囲が家の近所に限定されていていて、本当に飽きてしまいました。

ただそのおかげで、私の住んでいる地域は、あまり知られていませんが、とても美しい景色のある素晴らしい穴場、という事に気が付きました。

ここは、福岡県糸島市のJR筑肥線大入駅から、徒歩10分程のところにある西の浜です。福吉の漁港まで続く美しい弧を描いています。

防波堤に囲まれていて、満潮時には砂浜のほとんどは水没してしまいますが、遠浅なので、干潮時には遠くまで泳いでも足が立ち、波が穏やかな日は巨大なプールのようです。

裏は松林が延々と続き、小鳥のさえずりも聞こえ、散歩にも向いています。

トイレなどの設備や売店などはありませんが、海に向かって左側の松林が終わった辺りから202号線に出ると、直売所の福ふくの里があるので、そこでお弁当を買うこともできます。

大入駅から東の浜沿いに行くと大入港がありますが、ここも人気の釣り場です。チヌやサワラ、アオリイカ、カサゴ、メバルなど、年中楽しめるようです。

車は港に沿って堤防近くから路上に縦列駐車されていますが、住宅の近くに停めれば大丈夫なようです。

東の浜には牡蠣小屋とマリンスポーツのレンタルをしているウエストマリンがあります。

他にもキャンプ場の受付もしている、ふくいというカフェバーがあって、ふくいランチは安くておいしいので特におすすめです。赤い鳥居が目印の建物です。

大入港から西の浜にかけてある岬に、最近オープンした超おしゃれなキャンピング場、 Hideaway sunset Camp があります。

ここは、糸島で有名なサンセットカフェのオーナーが作った絶景の楽園。子供の時に夢見たツリーハウスにいるような感覚で、キャンプができる秘密基地です。

岬の斜面に沿って展望テラスや、ウッドテラスに張られたテント、五右衛門風呂や固定したキャンピングカーなどがあります。手ぶらで来てもすぐ楽しめますが、テントを持ち込んで張ることもできます。

屋根付きの快適な空間は、強い日差しや急な夕立でも楽しく過ごせそうです。

下に見える屋根は、清潔なシャワーやトイレのある棟です。

このキャンプ場の一番の場所は、玄界灘を見下ろせるこの展望台でしょう。

展望やぐらのベンチに座って絶景を楽しみながら飲む一杯は、間違いなく最高の気分にさせてくれるはずです。

ここから朝日に輝く海や海に沈む夕日を眺めれば、日頃のストレスも消えて、雄大な気持ちにさせてくれること、間違いなしです。

キャンプ場には、こんなに素敵なサウナも完備されています。

窓の向こうの雄大な海を見ながら入るサウナは、ここだけの贅沢!

このキャンプ場のマスコットのヤギです。いつも近くにある葉なら、何でもむしゃむしゃと食べてしまいます。スタッフに散歩に連れ出してもらうのを楽しみにしています。

ここには露天風呂もあります。

ナチュラルでおしゃれで、このキャンプ場にピッタリのお風呂です。

普通のキャンプ場とは一味違う、おしゃれでワクワクするような秘密基地に、あなたもきっと感動すること間違いなしです。

でも、ただ釣りに来たり、ビーチで泳ぎたいとか、サーフィンをしたいという理由で、この近くで車中泊したいという人には、秘密の車中泊場所を教えましょう。

ここは、福吉しおさい公園に隣接している駐車場です。

福岡市内から202号線を唐津方向に、福ふくの里の左に見ながら少し走るとファミリーマートが見えます。そこを右折して直進すると、橋の手前の左側にこの公園はあります。

グランドの横にある10台分ほどある駐車場は無料で、車中泊が禁止されている看板等もありませんので、車中泊をしても特に問題はなさそうです。

グランドの向こう側にはきれいなビーチもあって、海水浴を楽しんだり、橋を渡ると福吉の漁港があって、堤防で釣りをしたりすることができます。

ここの堤防釣りでは、クロダイ、アジ、メジナ、アオリイカなどが良く釣れるそうです。

漁港付近には10月から3月末にかけて5件ほどの牡蠣小屋が立ち並びます。糸島の牡蠣小屋といえば、船越を思い浮かべる人も多いかと思いますが、ここは穴場で、週末でも比較的空いているのでおすすめです。

飲み物やごはん、野菜などは持ち込みが可能で、しょうゆは置いてありますが、レモンやバターなどを持ち込んで、好みの味に仕上げるのも良いでしょう。

公園内にはトイレもありますし、屋根付きの休憩所やベンチなどもありますので、近くのファミリーマートで飲み物や食料を調達して、ここで食べることもできます。

温泉に入りたい人には、福吉の駅付近の踏切を渡って、山に向かって登って行くと、まむしの湯という日帰り温泉があります。

私の家は近所なので、デイキャンプを楽しんで旅行気分を満喫しました。

最後に、この辺りでサーフィンに向いている良い波の立つビーチをご紹介しましょう。

202号線をさらに行くともう一駅先の鹿家(しかか)に鳴き砂で有名な姉子浜があって、波の立つ日は、地元のサーファーが波乗りをしています。

ここは、白い上質の砂浜で、時々結婚式用の写真を撮影していたり、カップルが散歩したりしているロマンチックなビーチで、観光がメインの砂浜なので、長時間駐車しないよう注意しましょう。

道を挟んだ高台にあるカフェは、糸島の新鮮な野菜を使ったランチがおすすめで、海を眺めながらゆったりとした時間を楽しむが糸島流です。

この記事を書いている人 - WRITER -
レネ
スイスから日本に移住して来ました。世界中を旅しましたが、一番住みたい街として福岡を選びました。海、自然、美しいもの、楽しい事が大好きで、愛車の上にテントを積んで、日本中を旅してみたいと思っています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スイス人 レネの日本暮らし renejapan.com , 2020 All Rights Reserved.