海! 温泉! 自然! おしゃれに楽しく生きる!

ソーラーライトでおしゃれなインテリアにコーディネート  / Make a stylish interior with solar lights

 
Translation
この記事を書いている人 - WRITER -
レネ
スイスから日本に移住して来ました。世界中を旅しましたが、一番住みたい街として福岡を選びました。海、自然、美しいもの、楽しい事が大好きで、愛車の上にテントを積んで、日本中を旅してみたいと思っています。
詳しいプロフィールはこちら

和風のインテリアは、趣があって大好きです。一般家庭のガーデンやインテリアも、和風は素晴らしいものを見かけるのですが、なぜか洋風となると、残念な家が多くて、日本人には美的センスがあるのにと、いつも不思議に思っています。

私が気が付いたことのひとつに、明かりの使い方が良くない家が、とても多いということです。ライトひとつで、趣があるインテリアになるのにと、残念に思っています。

最悪なのは、蛍光灯を部屋の明かりにしていることです。ヨーロッパでは、蛍光灯は、病院や教室の無機質なイメージで、リビングルームやベッドルームには使うことはまずありません。

スポットライトや間接照明で、その時々で部屋の明るさを調節できるように、いくつものライトを使います。海外のリゾートホテルの部屋をイメージしてみると、わかりやすいと思います。

今回は、ベランダや窓際に置けば、それだけでムードあるインテリアに変身させてくれる、そんな小さなソーラーライトをご紹介しましょう。

このガラス製のソーラーイルミネーションは、一つ2000円から3000円ぐらいで、色々な柄から好みのものが選べます。

デザインは色々あって、それぞれ違った美しさがあるので、選ぶのが大変です。一つ一つ職人がガラスを埋め込んで作っているとのことで、手作り感があって素敵です。

日中は、勝手にソーラー充電してくれて、辺りが暗くなると、自動で点灯してくれます。特に優れている点は、点灯時間が長くて、明け方近くまで明かりが灯っていることです。

ソーラーのふたの部分は、かぶせてあるだけなので簡単に外れますが、意外と本体になじんでいて、あまり風で飛ぶことはありません。

点灯パターンは2パターンあって、内側のスイッチを横に動かして決めておけば、暗くなると自動で点灯します。

点灯パターンの一つは、常時点灯するホワイトのライトで、もう一つはグラデーション点灯で、ブルーからグリーン、レッド、と色が変わってとてもきれいです。

非常時にはふた部分だけを持って、ホワイトライトにすれば、懐中電灯としても使えます。

ふた部分をグラスにかぶせると、また違ったライトとして楽しめます。

自分だけのライトを作るのも、楽しいかも知れません。

ベランダの植物も、ソーラーライトでライトアップしています。

ベランダを直接明るくせずに、植物を照らして間接的に明るくすることで、雰囲気のある空間を作り出しています。

あなたの空間も、少しムードのある空間に変えてみませんか?

この記事を書いている人 - WRITER -
レネ
スイスから日本に移住して来ました。世界中を旅しましたが、一番住みたい街として福岡を選びました。海、自然、美しいもの、楽しい事が大好きで、愛車の上にテントを積んで、日本中を旅してみたいと思っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スイス人 レネの日本暮らし renejapan.com , 2019 All Rights Reserved.