海! 温泉! 自然! おしゃれに楽しく生きる!

ダイニングバーのあるリビングにリフォーム マンションでリゾートホテル気分  / Renovation living room, with a dining bar – Exotic & Elegant

2019/06/24
 
Translation
この記事を書いている人 - WRITER -
レネ
スイスから日本に移住して来ました。世界中を旅しましたが、一番住みたい街として福岡を選びました。海、自然、美しいもの、楽しい事が大好きで、愛車の上にテントを積んで、日本中を旅してみたいと思っています。
詳しいプロフィールはこちら

世界共通だと思いますが、男なら憧れますよね、ホームバーのあるマイホーム。でもそんな物は必要ないと、リフォームする時も、奥様からあっさり却下されていませんか?

私の妻も、最初は、スイスに比べてコンパクトなマンションのリビングに、どうやってダイニングテーブルを置くのか悩んでいました。やっぱり、私のバーの夢より食事優先です。

こういう意見の食い違いを、お互いが満足する結果になるように、徹底的に話し合うのが我が家流です。そこで、バーのカウンターを広くして、壁面にお酒を並べられる食器棚を作り、ダイニングバーを作ることにしました。

結果は、二人とも大満足のリビングダイニングに変身しました。

鍋料理の時や来客時は、隣の和室で食べられるようにしました。和風と洋風が不思議にマッチしています。

襖を閉めたら、日常を忘れそうな、インパクトのある雰囲気になります。

家に遊びに来る人が、ここで写真を撮るとインスタ映えすると、人気の?スポットです。

リフォーム前のリビングルーム

スタンダードなマンションのリビングです。小さく開いた窓に、ほとんど使えないような、細長いカウンターが付いています。

リビングとキッチンが、しっかり分離してしまっています。リビングも狭く見えますし、キッチンにいる時に楽しくないと、取り払えるところは取って、オープンキッチンにしました。

キッチンからテレビも見えます。カウンター越しに会話も弾みます。

和室から見た、ダイニングバーのあるリビングの様子です。キッチンの蛇口がまるでビールサーバーのようです。

和室も含めて、リビングダイニングキッチン&バーになりました。

マンションのリフォームは、全て福岡のデザインコンパスに頼みました。作ってもらった家具は、どれもこれも上質で、まさに匠の技。このテレビ台も1ミリの狂いもなく、センスも抜群です。人柄も最高で、リフォーム中は、工事現場でキャンプをするような生活でしたが、とても楽しかったです。

スイスから大量に持ってきた、ボヘミアンクリスタルのコレクションがピッタリはまります。

食器棚は、背面に鏡を張り、ライトアップしているので、ボヘミアンクリスタルがさらに輝きます。間接照明はそれぞれ別々に点けたり、明るさを調整できるようになっています。

ヨーロッパでは、間接照明で雰囲気を出すので、日本で一般的な蛍光灯の照明は、病院のような感じで、好きではありません。

ボヘミアンクリスタルのシャンデリアも、スイスで使っていたものを、日本に合うように直してもらいました。

ヨーロッパの最新のバーのインテリアで人気があるのは、モダンなバーと古風なシャンデリアの組み合わせです。ミスマッチな感じが意外に新鮮なんです。

リゾートホテルのスイートルームに住んでいるような、非日常的な雰囲気が出来上がりました。

この記事を書いている人 - WRITER -
レネ
スイスから日本に移住して来ました。世界中を旅しましたが、一番住みたい街として福岡を選びました。海、自然、美しいもの、楽しい事が大好きで、愛車の上にテントを積んで、日本中を旅してみたいと思っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スイス人 レネの日本暮らし renejapan.com , 2019 All Rights Reserved.