海! 温泉! 自然! おしゃれに楽しく生きる!

外国のマンションってどんな感じ?スイスの自宅を紹介します。What is the atmosphere of apartments in other countries? I show you my home in Switzerland

2019/06/25
 
ベランダ ジャグジー
Translation
この記事を書いている人 - WRITER -
レネ
スイスから日本に移住して来ました。世界中を旅しましたが、一番住みたい街として福岡を選びました。海、自然、美しいもの、楽しい事が大好きで、愛車の上にテントを積んで、日本中を旅してみたいと思っています。
詳しいプロフィールはこちら

日本で購入したマンションを、自分らしくリフォームした後は、こちらの方が気に入っているので、恋しく思うことはなくなりましたが、日本に来てしばらくは、スイスで住んでいた自宅を、少し恋しく感じていました。

スイスでは、新築のマンションを購入する際に、内装は自分で好きなようにオーダーするシステムです。販売価格には基本のタイプの内装費は含まれています。それはそれで充分素敵なのですが、大抵の人はそれよりももっと高価なキッチンやバスルーム、床材に変更しているようです。

リビングルームです。両側がほぼ全面大きな窓なので、素晴らしい景色の中に住んでいるようでした。標準が床暖房だったので、床材は白い大理石にしました。家具を日本まで持って来るのは大変だったので、マンションを買ってくれた方に、ほとんど全部あげてしまいました。

キッチンです。標準タイプですが、作業台は御影石みたいな石にしました。ガラスの換気扇は、ショールームで一目ぼれして即決しました。リビングに面したオープンキッチンなので、ポイントとなるデザインにこだわりました。

実はこのマンションは、中で二階建になっていて、リビングが上階にあります。ガラスの引き戸付きの大きなベランダが、リビングとつながっています。

ベランダ ジャグジー

図面だけ見て買ったマンションでしたが、このベランダの広さと、それに続く両面がほぼガラス張りのリビングルームは、予想通りの素晴らしさでした。

建築が始まる前に、このマンションを設計している建築家に相談して、ベランダにジャグジーとシャワーを付けられるようにしてもらいました。5~6人が入れる大きさで、24時間いつでも入れるようになっています。

日本の露天風呂が大好きなので、本当は岩風呂と坪庭にしたかったのですが、さすがにそれは無理かと諦めました。

下の階には寝室が2つとバスルームがあります。ベランダにジャグジーがあるので、こちらのバスルームはシンプルにまとめました。

本当はここにシャワーキャビンも付いている設計でしたが、バスタブがあるので、シャワーキャビンはベランダに移動してもらいました。ベランダにシャワーを付けているスイス人は、滅多にいないと思います。

上階のリビングにあるトイレです。壁にも大理石を張って高級ホテルのトイレのようになりました。トイレの居心地の良さは、私にとっては大切なポイントです。ただ日本のシャワートイレには勝てませんね。もうそれだけの為に、日本に住みたいぐらいです。

これはリビングからの風景です。小麦畑とトウモロコシ畑が広がっています。初夏に小麦畑が風になびいて、海のように揺れる様子は、今でも懐かしく思い出します。

ベランダから見える風景です。お天気の良い日は、アイガーやユングフラウも遠くに見えます。子供の頃から見ていたお城も見えます。

ここは、スイスのThun(トューン)と言う街です。湖とお城とアルプスの山々が見える、とても美しい街です。今度またご紹介したいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
レネ
スイスから日本に移住して来ました。世界中を旅しましたが、一番住みたい街として福岡を選びました。海、自然、美しいもの、楽しい事が大好きで、愛車の上にテントを積んで、日本中を旅してみたいと思っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スイス人 レネの日本暮らし renejapan.com , 2019 All Rights Reserved.