海! 温泉! 自然! おしゃれに楽しく生きる!

沖縄本島からわずか15分の船旅で行ける一番近い離島!サンゴ礁と白い砂浜が美しい水納島(みんなじま) / Only 15 minutes by boat! Beautiful small island closest to the main island of Okinawa, Minnna-Island with coral reefs and white sandy beach   

 
Translation
この記事を書いている人 - WRITER -
レネ
スイスから日本に移住して来ました。世界中を旅しましたが、一番住みたい街として福岡を選びました。海、自然、美しいもの、楽しい事が大好きで、愛車の上にテントを積んで、日本中を旅してみたいと思っています。
詳しいプロフィールはこちら

秋でも泳げる美しい海を求めて、今回は、沖縄の北部にやって来ました。

沖縄には美しいビーチがたくさんありますが、今まで私は、沖縄本島では満足できるビーチに出会えていませんでした。橋を渡って行ける島のビーチもありますが、もっとハイグレードのビーチを求めている私には、あと一歩物足りない美しさでした。

しかし今回は、沖縄本島北部からで船で簡単に行ける離島で、やっと透き通る海と白いサンゴでできた美しいビーチに出会うことができました。

水納島(みんなじま)は、沖縄本島の本部(もとぶ)半島の沖合、船で15分で行ける三日月型の小さな島です。形がパンのクロワッサンに似ているところから、クロワッサンアイランドとも呼ばれています。

一周しても約4kmと小さな島で、水納島の名前の由来は、水が無い島という意味から来たと言われています。

水納島には、本部町の渡久地(とぐち)港から、高速旅客船でわずか15分の船旅でいくことができます。

渡久地港は、本部大橋にある谷茶(たんちゃ)公園の横にあります。

空港からバスで来るには、やんばる急行バスに乗って約2時間後、本部博物館前で下車し、徒歩約10分です。

料金は、往復で1730円でした。

水納島は住民が50人ほどいますが、コンビニなどのお店は一切ありませんので、海水浴シーズン以外は、食べ物と飲み物は乗船前に買って、持って行くのを忘れないでください。もちろんゴミは持ち帰りましょう。

高速船はこんな感じです。本当に小さな港なので、バスに乗るような手軽さで乗船できます。乗船の時間指定はありませんので、帰りは都合の良い時間に乗船できます。ただし最終便の時間はしっかりチェックしておきましょう。島には窓口などありませんので、往復券を買っておきましょう。

島に着いたら、そこは右も左も真っ白なビーチです。

とりあえずビーチを散策して、美しい沖縄の海を堪能してください。

船着き場から村の入口に向かって道が伸びています。写真の左側の建物で、海水浴シーズンにはシャワーが浴びれるます。オフシーズンは閉まっていますが、反対側に船の待合所ありますが、そちらにトイレがあります。

島には民宿が数軒あって、海水浴シーズンでなくても、釣り人が利用したりするそうです。

11月ですが、水温は高く、十分水泳を楽しめました。普通の日本人は、真夏の決められた期間しか泳がないのが、スイス人の私にとっては不思議でしかありません。こんなにきれいな海に入らないなんて、本当にもったいないことだと思います。お天気の良い日は、海を眺めるだけではなく、水遊びも楽しんでみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
レネ
スイスから日本に移住して来ました。世界中を旅しましたが、一番住みたい街として福岡を選びました。海、自然、美しいもの、楽しい事が大好きで、愛車の上にテントを積んで、日本中を旅してみたいと思っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スイス人 レネの日本暮らし renejapan.com , 2019 All Rights Reserved.